髪の毛を生やしたいのは山々だけど、毎月の出費のことを考えるとなかなか真剣に取り組めない…

このような悩みを持っている人もおられるかと思います。

でもどうぞ安心してください。

毎月5000円以下でも行えて実際に発毛が可能な方法はあります。

それはタイトルにもなっていますようにジェネリック薬品を使い回すことです。

今回はその点について詳しくお伝えしていきたいと思います。

ジェネリック薬品とは?

プロペシアのジェネリックのサワイ

安そうな薬品てことは、効果が薄いんじゃないの?

2流なんじゃない?

そんなイメージを持たれる人もいるかもしれませんが、こうした見方は全くの見当違いです。

ジェネリック薬品というのは、特許期間が過ぎた薬剤を他のメーカーが新しくパッケージ化したもので、成分や効果の面では何ら変わりはありません。

つまり後発組の製薬会社が特許切れになった薬を安価で製造して売ってくれるという消費者にとっては願ったり叶ったりの制度なわけです。

日本人はブランド名に弱いため、一番最初に世の中に広まったものを上とみなして重宝するような傾向がありますが、実のところ発毛するための薬剤としてはジェネリックを活用したほうがお得ですし実際的なわけですね。

発毛するために利用できるジェネリック薬品とは?

AGAとして知られる男性型脱毛症の原因を抑制する薬で一番認知度が高いのはプロペシアです。

最初はこの薬剤しかなく、しかも約1万円前後もするため、続けるのが難しい人もいらっしゃいました。

ですが、今ではプロペシアと同じ成分を同量配合した全く遜色のない効果をもたらすジェネリック薬品が何種類も出回っています。

プロペシアジェネリックの料金表

 

1ヶ月分のおくすりで4000円以下で買えることがわかりますね。

これは1日に換算するとわずか135円ほどです。

つまりジュース1本分の費用だけで、発毛させることが可能になるということです。

こんなにリーズナブルな値段で髪の毛の問題に終止符をうてるようになるなんて本当にありがたい話だと思いませんか?

海外ジェネリックは更に安くなる

実は海外で製造されて売られているジェネリック薬品であれば更に安く利用できるというメリットがあるのはご存知でしょうか?

1日20円、30円といった費用だけで同じような対策が行えてしまえるんですね。

ただし、海外のお薬は日本の法律のもとで製造・販売されているわけではないため、国内レベルの安全性が担保できないといったリスクはあります。

そのため、万が一、混入物が入っていて何か大きな問題が起きたとしても自分で責任を取らなければいけないという現状がありますので、その点は留意していく必要があるかと思います。

ネットで調べればすぐに出てきますが、そうした危険性も考えると国内のジェネリックを使用していったほうが無難ですので、安さだけで判断しないようにご提案しておきたいと思います。

健康あってこその人生ですので、バランスが大切ということですね。

 

※ そもそも育毛の方法ってどれくらいあるのか知りたい方はこちらへ → 育毛の選択肢

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。